English | サイトマップ
トップページ大黒流とは博多祇園山笠博多松囃子大黒流の史料ニュースサイトについて

 新着ニュース ≫過去のニュース  ≫お悔やみ 

すノ二の台幕が博物館へ 令和元年9月10日

大正10年(1921年)に下鰮町が制作し、台幕として使用された「雀踊り」が福岡市博物館に預けられました。9月14日の西日本新聞ふくおか都市圏版にその様子が掲載されました。


【訃報】 吉川礼蔵さん 令和元年9月7日ご逝去
川中 平成14年平成18年 町総代、昭和41年昭和43年 取締

手嶋秀剛氏西日本新聞博多まちなか支局長に 令和元年9月1日

博多の情報や話題、魅力を発信する西日本新聞博多まちなか支局長に、当サイトの世話人を務める下新の手嶋秀剛さんが就任されました。益々のご活躍をお祈りします。


【訃報】 安河内和子さん 令和元年8月27日ご逝去
すノ三 安河内宏町総代のご母堂様

【訃報】 竹ヶ原優香子さん 令和元年7月24日ご逝去
川中 竹ヶ原政徳元取締(冷泉地区自治協議会会長、櫛田神社宮総代)のご令室様

博多祇園山笠奉納 令和元年7月15日

今年も無事に山笠を奉納することができました。当番町すノ一の皆さん、受取町つノ一の皆さん、各町の皆さん、大変お疲れ様でした。ご通行中の方々や警察には運行のご協力をいただきありがとうございました。 (台上り:すノ一草場取締)


【訃報】 田善政さん 令和元年7月4日ご逝去
川端 元赤手拭

当番町お汐井取り 令和元年7月1日

1日午前6時、注連卸しの神事が行われていよいよ令和元年の山笠が始まりました。朔日寄り(大黒流の役員総会)をはさんで、夕刻からは今年の世話当番町すノ一が大黒流を代表してお汐井取りを行いました。


飾り山笠公開 令和元年7月1日

市内の飾り山笠が公開される7月1日、大黒流内に建つ十一番山笠 博多リバレインと十七番山笠 川端中央街も、御神入れの神事を経て公開されました。博多リバレインは従来の明治通り沿いから鏡天満宮そばのアーケード内に場所を移しています。


昭和会夏季懇親会開催 令和元年6月23日

恒例の大黒流昭和会夏季懇親会が櫛田神社で開催されました。来賓として櫛田神社阿部宮司、博多中学校から吉村校長、福田教頭、博多小学校から浦川校長、大道教頭にご出席いただき、今年も大いに賑わいました。(写真:当番町すノ一の皆さん)


博多座大歌舞伎 船乗り込み 令和元年5月29日
歌舞伎役者の博多入りを知らせる「船乗り込み」が大黒流の横を流れる博多川で行われ、尾上菊五郎さん、中村芝翫さんらが大勢の見物客の声援に応えました。令和最初の六月大歌舞伎は博多座開場20周年の記念公演です。


 更新情報 ≫過去の更新 

[役員名簿更新]
各町のページの役員名簿を更新しました。今年は次の町に取締の交代があります。赤手拭はつノ一、下新、古ノ一、すノ二、すノ三、寿通、古ノ二、すノ一に変更があります。
下新
寿通
田中真取締
簑原光悦取締

[取締記念写真]
平成27年29年30年の取締記念写真を年度別ページと記念写真一覧のページに掲載しました。茂末前取、永吉取締ありがとうございます。(写真:平成30年取締記念写真)


 世話人会・管理人情報 ≫世話人会 




  毎年の記録
山笠の人形
地 図
山笠
舁廻り順路
座談会
大黒流を
構成する町
年 表
お悔やみ

櫛田入り写真 他

スタジオ ソマダ
別 冊
ブログ大黒流
手拭
町総代
記念写真
取締
記念写真



四番山笠  世話当番 すノ一
標題 一片好風光
人形師 西山陽一

高杉晋作は元治元年(1864)長州藩の保守派から逃れて上鰯町(現在の須崎町)に上陸します。海運業石蔵卯平の屋敷や歌人野村望東尼の平尾山荘で匿われたのち、下関に戻り功山寺で勤皇派の長州藩諸隊を率いて挙兵しました。大政奉還前の一幕を表と見送りに飾りました。










 サイトマップ | ページ上部へ