English | サイトマップ
トップページ大黒流とは博多祇園山笠博多松囃子大黒流の史料ニュースサイトについて

 新着ニュース ≫過去のニュース  ≫お悔やみ 

博多松囃子が無事終了 令和4年5月4日
五月晴れの中、参加人数を制限して今年も博多松囃子が開催されました。なお、博多どんたく港まつりのパレードや舞台は3年ぶりに実施されました。本年より大黒流では、松囃子山笠の世話当番を異なる町が受け持ちます。
(写真:3日 櫛田神社にそろった三福神)

本年の博多祇園山笠開催方針決定 令和4年4月20日

博多祇園山笠舁山行事を3年ぶりに催行することが、20日の山笠振興会総会で決定しました。令和2年はほぼ全ての行事が中止、令和3年は主に飾り山の建設のみでした。


【訃報】 上田徳蔵さん 令和4年3月30日ご逝去
下新 昭和48年昭和50年取締

舁山なしの博多祇園山笠終了 令和3年7月15日

新型コロナウイルス対策で舁山行事が全て中止となり、飾り山の奉納だけとなった今年の博多祇園山笠も、15日未明に行われた櫛田神社祇園例大祭の神事で閉幕しました。
(写真:十六番山笠 川端中央街)


飾り山笠公開 令和3年7月1日

市内12ヶ所で飾り山が2年ぶりに披露されました。大黒流内に建つ十番山笠 博多リバレインと十六番山笠 川端中央街も1日に御神入れの神事が行われ、7月15日深夜0時まで公開されます。なお、新型コロナウイルス感染拡大により舁山行事は行われません。


松囃子の文化財指定祝賀会 令和2年9月22日
今年3月に国の重要無形民俗文化財に指定された博多松囃子の振興会が、9月22日に八仙閣(博多駅東)で指定記念祝賀会を開催。大黒、恵比須、福神、稚児西、稚児東各流の関係者など約170人が参加して「祝うたぁ」と寿ぎました。当日の様子が西日本新聞に紹介されました。

博多松囃子が国重要文化財に 令和2年3月16日
今年で起源から841年を迎える博多松囃子が、国の重要無形民俗文化財に指定されました。これを祝って、博多松囃子振興会が櫛田神社の「清道」に記念ののぼり旗を掲げる様子が、西日本新聞ふくおか都市圏版に紹介されました。(写真:博多松囃子振興会本部委員ら)


 更新情報 ≫過去の更新 

旧町時代の地図を再公開
長らく閲覧できなくなっていた旧町時代の地図を再公開しました。表示の柔軟性は以前のページよりも劣りますが、明治24年/昭和2年/現在の地図、町名を切り替えながら見ることができます。


昭和43年の写真追加
つノ一小口幸一さんから、町界町名整理後間もない昭和43年当番町つ記念写真(右写真)と、追山馴し櫛田入りの写真をご提供いただきました。


川端町の名簿更新
川端の町総代が交代されたので名簿を更新しました。

江戸中期から119年間の当番町一覧
安永九年(1780年)から明治32年(1899年)までの、各流の当番町を記した「山笠当番町一覧」(福岡市博物館所蔵)を、古ノ一浦ア千代始さんが書き起しされました。 (PDF)


昔の写真多数追加
すノ三石田前町総代から、昭和56年の写真を中心に、今年の古式傘鉾御神入昭和29年昭和31年昭和37年昭和46年昭和53年の写真30枚をご提供いただきました。
写真:昭和31年追山 下す渕上勝夫取締


昭和27年の集合写真
すノ三安河内町総代から、旧町時代の写真をご提供いただきました。右の写真は、昭和27年九番山笠 当番下鰯町の町内集合写真です。名簿と他写真は昭和27年のページに公開しています。

ギャラリー更新
大黒流ギャラリーに令和元年の写真を追加しました。


 世話人会・管理人情報 ≫世話人会 




  毎年の記録
山笠の人形
地 図
山笠
舁廻り順路
座談会
大黒流を
構成する町
年 表
お悔やみ

櫛田入り写真 他

スタジオ ソマダ
別 冊
ブログ大黒流
手拭
町総代
記念写真
取締
記念写真



令和四年 松囃子 世話当番町
 下新(下新川端町)
 町総代 木村信博
 取 締 田中真

明治から昭和にかけて博多の中心的な商店街として栄えた下新川端町。平成11年に再開発で博多リバレインができたのちも、旧来からの組織を守り続けています。


令和四年 山笠 世話当番町
 つノ一(対馬小路一区)
 町総代 黒岩弘治
 取 締 井上明広

つノ一は博多中学校周辺の大黒流で最も浜側に位置する町です。かつて港湾関係で栄えた下対馬小路大下は町名町界改変後、対馬小路(つましょうじ)となりました。










 サイトマップ | ページ上部へ