トップ史料 > 年度別 English | サイトマップ

  大黒流の史料
 
  年 表 
 
  年度別
 
  昭和19年以前
  昭和20年〜
  昭和30年〜
 
  30年 五番 大下
  31年 四番 倉所
  32年 三番 寿通
  33年 二番 妙楽寺
  34年 一番 下新
  35年 九番 下つ
  36年 八番 上い
  37年 七番 麹屋
38年 五番 下す
  39年 四番 中つ
  昭和40年〜
  昭和50年〜
  昭和60年〜
  平成元年〜
  平成10年〜
  平成20年〜
 
  記念写真 
 
  史料物 

<前年度 昭和38年 (1963年) 翌年度>

当番町 下す
当番町町総代 小竹政敏
当番町取締 大塚定男


流傘鉾揮毫  
町傘鉾揮毫  
傘鉾製作  
準備中
傘鉾
松囃子記念手拭

 行事 行事説明
5月1日 傘鉾御神入 午前11時  
5月3日 松囃子 櫛田神社出発
    午前9時
 
5月4日 松囃子 櫛田神社出発
    午前9時
 
5月16日 面送り 立会人
 井上清 下つ町総代
 城保之亮 麹屋町総代
 本永清次郎 上つ町総代
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







五番山笠  
標題 神光昭昭輝四海
人形師 置鮎與市
12日 追山馴し 櫛田入り
山笠記念手拭

 行事 行事説明
7月1日 注連卸し 町総代、当番町  
  〃 朔日寄

於櫛田会館
山笠役員全員

地図を指す大塚当番町取締
  〃 当番町
 お汐井取り
   
7月 御神入    
7月9日 お汐井取り    
7月10日 流舁    
   
7月11日 朝山 朝山祝儀    
  〃 他流舁    
車もいい雰囲気です。 他流の舁出し。
7月12日 追山馴し 櫛田入 午後4時20分
珍しい神輿型の飾り
据山は二段杉壁です。
7月13日 集団山見せ 出発 午後3時50分
当番町赤手拭が山番
  〃 追善山  
  〃 功労山 当番町にて合同追善  
7月14日 流舁    
7月15日 追山 櫛田入 午前5時20分  
  〃 山揺すり 山崩し 山台送り 当番町お礼廻り 受取町お願廻り
当番町山笠役員 下す当番記念 ご婦人方も記念写真撮影



 台上り 右肩 棒さばき 左肩
追山馴し櫛田入り
坂田精雄
石田貞利
青木桂司
見送り
集団山見せ
当番町町総代
小竹政敏
見送り
受取町町総代
落石栄吉
 
追山 櫛田入り
大塚定男
見送り

 鼻取り 右肩 左肩
追山馴し櫛田入り    
見送り    
追山 櫛田入り    
見送り    
 






準備中
町総代
撮影失敗につき存在せず
取 締
松囃子記念写真

  町総代 取 締
中つ 落石栄吉 岩崎光蔵
上す 荒巻與七郎 荒巻博三
川端 樋口武之助  
下い 日高徳繁 藤尾和夫
上つ 本永清次郎 岩崎宗吉
篠原傳 三野拓蔵
東下新 原口玄吾 門田敏郎
大下 金津喜伴 黒岩富重
倉所 小島岩太郎  
寿通 久家義松  
麻生藤市  
下新 手嶋秀一郎 船木陽三
下つ 井上清 佐藤平太郎
上い 宮崎伊吉 石蔵重信
麹屋 城保之亮 小路敏幸
下す 小竹政敏 大塚定男

総務/ 山笠委員/ 松囃子代表/ 松囃子委員
 当番町赤手拭
古本精之助
山口和昭
石田隆利
中野恒人
小竹孝敏
石田貞利
青木桂司
坂田精雄
 当番町若者
 




 トップページ | ページ上部へ | 前年度名簿 | 翌年度名簿 | 前年度へ | 翌年度へ