トップ史料 > 年度別 English | サイトマップ

  大黒流の史料
 
  年 表 
 
  年度別
 
  昭和19年以前
  昭和20年〜
  昭和30年〜
  昭和40年〜
  昭和50年〜
  昭和60年〜
  平成元年〜
 
元年 六番 川中
  2年 五番 すノ二
  3年 四番 川端
  4年 三番 すノ三
  5年 二番 古ノ二
  6年 一番 寿通
  7年 七番 つノ二
  8年 六番 すノ一
  9年 五番 つノ一
  平成10年〜
  平成20年〜
 
  記念写真 
 
  史料物 

<前年度 平成元年 (1989年) 翌年度>

当番町 川中
当番町町総代 内藤晴之
当番町取締 竹ヶ原政徳


流傘鉾揮毫 萱島秀渓
町傘鉾揮毫 桑原敬一
木原信
足達譲
西島伊佐雄
傘鉾製作 置鮎正弘
準備中
傘鉾
松囃子記念手拭

 行事 行事説明
3月4日 松囃子委員寄 午後6時30分  
3月15日 町総代寄 午後6時30分  
5月1日 傘鉾御神入 午前11時  
  言い立て稽古 午後4時  
 6年生 牧尾こういち(古ノ二)、落石てつじ(古ノ一)
 5年生 原ひさかつ(すノ二)、大坪たいすけ(つノ二)、徳安よしたか
 4年生 牧尾ゆうじ(古ノ二)、熊鞍けんたろう(すノ二)、落石ゆうすけ(古ノ一)、
      野田じゅんたろう、草場やすふみ、大岡だいじ、稲舛せいすけ(すノ一)
 3年生 牧尾しょうぞう(古ノ二)、安永けんた(すノ三)、原ひさし、増井よしあき(すノ二)、
      徳安けいすけ
 2年生 浦崎おさむ(古ノ一)
 1年生 野田じゅんじろう(すノ一)、稲舛ようこう(すノ一)
5月3日 松囃子 集合 午前7時40分
  記念写真撮影
出発 午前8時
櫛田神社出発
    午前9時
 
5月4日 松囃子 櫛田神社出発
    午前9時
 
5月5日 計算寄 当番町にて  
5月24日 面送り 立会人
 石蔵利行 すノ一町総代
 河原由明 壽通町総代
 
  面送り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







四番山笠  
標題 無道富恥也
人形師 置鮎正弘
追山 櫛田入り
山笠記念手拭

 行事 行事説明
5月20日 山笠委員寄 午後6時30分  
6月12日 町総代寄 午後6時30分 於河里  
6月18日 取締初寄 午後4時 於河里  
  〃 山笠委員寄 午後6時 於河里  
6月9日 棒洗い 於櫛田神社浜宮  
6月21日 小屋入り

午前11時
町総代、山笠大工、人形師、当番町

 
6月15日〜 山台組立て 福岡銀行内山笠事務所  
6月24日〜 小屋掛け    
7月1日 注連卸し 午前6時
町総代、当番町
 
  〃 笹竹取り 午前6時30分〜7時  
  〃 朔日寄

午前11時30分
 於櫛田会館
  山笠役員全員

夜警当番
5日 古ノ二 6日 すノ二
7日 すノ一 8日 川端
9日 つノ二 10日 麹屋
11日 下新 12日 寿
13日 古ノ一 14日 当番町
   〃 当番町
 お汐井取り
午後5時30分  
7月4日 棒〆
試し舁
午前11時
棒〆の後、当番町にて試し舁きを行う。
 
7月4日 人形飾り付け 午後より  
7月5日 御神入 午前11時
町総代、人形師、山笠大工、当番町
 
7月9日 お汐井取り 案内 午後3時
出発 午後5時40分
 
7月10日 男野点茶会 於櫛田神社
献華・献茶式終了後
    午前11時
男野点茶会
  〃 流舁
 (町総代寄)
 (取締寄)
舁出 午後4時30分
杉壁内に子どもを上げる
 
舁き出し前の手打ち 太鼓櫓  
7月11日 朝山
 (朝山祝儀)
集合 午前4時30分
舁出 午前5時
舁き出し前
  町総代記念写真
この年は朝山より杉壁を引く
 
  〃 町総代山巡り 昼時  
  〃 他流舁 舁出 午後4時30分
舁き出し前
  取締記念写真
 
山笠大工徳重純司と松本清宣の名対局
7月12日 追山馴し
 (町総代寄)
 (取締寄)
 (赤手拭祝儀)
舁出 午後2時10分
山笠待機位置山据
     午後2時25分
櫛田入 午後4時25分
太鼓櫓委員(上)
  内藤晴之(当番町)
太鼓櫓委員(下)
  阿部浩之助(受取町)
山止櫓委員
  山本隆敏(受取町)
     
     
     
7月13日 集団山見せ 舁出 午後2時35分
山笠待機位置山据
     午後2時55分
出発 午後3時55分
 
待機中は和やか    
  〃 追善山
つノ二元町総代長野博氏追善
    追善山手打ち
  〃 功労山 当番町にて合同追善  
7月14日 流舁 舁出 午後4時30分  
寿通にて 当番役員記念写真
7月15日 追山 案内 午後11時
舁出 午前1時40分
山笠待機位置山据
    午前1時55分
櫛田入 午前5時25分
太鼓櫓委員(上)
  内藤晴之(当番町)
太鼓櫓委員(下)
  阿部浩之助(受取町)
山止櫓委員
  吉川禮蔵(当番町)
舁出し
山据手打ち 追山 櫛田入り  
     
     
   
     
  〃 山揺すり、山崩し、山台送り

当番町お礼廻り、受取町お願廻り
手打ちの後山揺すりへ舁き出し 山揺すり 山台送りを待つ町総代
山台送り    
 
  櫛田神社に棒を預ける  



 台上り 右肩 棒さばき 左肩
追山馴し 櫛田入り 表
小田辰治
進藤広二
船戸維二
     見送り
松本清宣
内藤博文
吉川裕章
一の替 表
     見送り
二の替 表
     見送り
三の替 表
     見送り
四の替 表
すノ三 小竹孝博
     見送り
五の替 表
     見送り
六の替 表
     見送り
集団山見せ
振興会役員
梶栗誠一郎
当番町町総代
内藤晴之
福岡放送社長代理福留功 殿
見送り
受取町町総代
阿部浩之助
追山 櫛田入り 表
進藤広二
竹ヶ原政徳
内藤博文
     見送り
船戸維二
松本清宣
小田辰治
一の替 表
     見送り
二の替 表
     見送り
三の替 表
     見送り
四の替 表
すノ三 波多江克之
     見送り
五の替 表
     見送り
六の替 表
すノ二 増井雅臣
     見送り

 鼻取り 右肩 左肩
追山馴し櫛田入り 下新 春口栄治 つノ一 楢ア尚弘
見送り 寿通 久冨光英 川端 小森一平
追山 櫛田入り すノ三 小竹孝博 古ノ二 江田雅利
見送り    

 台上り区割り

7月12日
   追山馴し

一の替

順正寺---中陽ビル

二の替 中陽ビル---吉田善平ビル
三の替 吉田善平ビル---元 太陽工機
四の替 元 太陽工機---新出光
五の替 新出光---ビクター
六の替 ビクター---馴し廻り止

7月15日
   追山

一の替 順正寺---みずかみ入り
二の替 みずかみ入り---吉田善平ビル
三の替 吉田善平ビル---田辺製薬
四の替 田辺製薬---ビクター
五の替 ビクター---奈良屋ビル
六の替 奈良屋ビル---廻り止
 






 アジア太平洋博覧会 (よかトピア)
7月8日 博覧会参加
 
山笠輸送 人形台を山台から下ろして搬送
     

  参加者
すノ二 全員
川端 22名 子供8名
すノ三 22名 子供3名
古ノ二 19名 子供8名
寿通 22名 子供5名
つノ二 29名 子供11名
すノ一 25名 子供6名
つノ一 15名 子供3名
下新 21名 子供1名
麹屋 16名 子供3名
古ノ一 17名 子供7名
川中 全員
 






町総代 取 締 松囃子記念写真

  町総代 取 締
すノ二 阿部浩之助 増井雅臣
川端 樋口武之助 樋口勝久
すノ三 吉貝純一郎 波多江克之
古ノ二 牧尾孫三郎 牧尾英雄
寿通 河原由明 新宮大二郎
下新 土屋満 木村信博
すノ一 石蔵利行 津田久仁紀
つノ一 大川内虎雄 久我創一
つノ二 大塚純男 播重邦博
麹屋 河原田穣平 松永邦清
古ノ一 岩崎與八郎 浦ア要一
川中 内藤晴之 竹ヶ原政徳

総務/ 山笠委員/ 松囃子代表/ 松囃子委員
 当番町赤手拭
進藤廣二
内藤博文
小田辰治
船戸維二
松本清宣
門田明寛
吉川裕章
 当番町若者
町田典隆
瀑布川雅裕
小山剛
大場秀樹
福田義信
横溝紳一郎
上野憲三
町田明久




 トップページ | ページ上部へ | 前年度名簿 | 翌年度名簿 | 前年度へ | 翌年度へ